ミッション声明

“その後、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立っていた。”
– 黙示録 7 章 9 節

日本、アジア、そしてすべての国にキリスト中心御霊に強められた社会的に責任を持った教会と キャンパスミニストリーを建て上げることで神に栄光を帰す。

目的

神に栄光を帰す
神をたたえることが私達の出発点であり、目標です。私達は、「永遠に神に栄光を帰し、神の愛を受ける」ことを目指しています。それこそが、私達が行うすべてのことの土台です。すべてにおいて自分達ではなく、神を中心にします。

活動

教会開拓とキャンパスミニストリー
国内の主要都市に教会を開拓し、高校や大学のキャンパスで学生達に神の愛を伝えます。

方法

私達は下記を土台に教会とキャンパスミニストリーを建て上げます。

キリストを中心にする

エブリネイションの教会やキャンパスミニストリーは、人や教え、経験ではなくイエスキリストを中心にしています。

御子は、万物よりも先に存在し、万物は御子にあって成り立っています。また、御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、ご自身がすべてのことにおいて、第一のものとなられたのです。
(コロサイ1 章 17, 18 節)

聖霊の力を受ける

聖霊の力なくして、教会開拓とキャンパスミニストリーを行うことはできません。日々聖霊の力に満たされて、神をたたえ、神の素晴らしさを周りに伝えます。

「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」
(使徒行伝 1 章 8 節)

社会に責任を持つ

エブリネイションの教会とキャンパスミニストリーは、活動している地域と文化にキリストの愛を伝えます。

寄るべのない者をしいたげる者は自分の造り主をそしり、貧しい者をあわれむ者は造り主を敬う。
(使徒行伝 1 章 8 節)

すると、王は彼らに答えて言います。『まことに、おまえたちに告げます。おまえたちが、この最も小さい者たちのひとりにしなかったのは、わたしにしなかったのです』
(マタイ 25 章 45 節)

活動の場所

私達の召しとビジョンは、日本、アジア、そしてすべての国へミニストリーすることです。

“それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。”
– マタイ28 章 19, 20 節

“その後、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立っていた。”
– 黙示録 7 章 9 節